スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床と哲学のあいだ

さて、この週末は、「第13回日本音楽療法学会学術大会in鳥取」でした。



今回はいろいろ考えた末、参加せず…

東京で開催された、「臨床と哲学のあいだー人間科学の復興を目指してー」という講座に行って参りました

自然科学とは異なる人間科学の領域における臨床と研究について考える、といような趣旨の講座です。
自然科学の方法をそのまま人間科学に持ち込んでしまって、なんだかおかしいことになっている。
そんな学問の危機を、音楽療法界隈でもひしひしと感じているまるにとって、
こんなに興味をそそられる講座はなかなかありません。

ただ、企画された方は「誰に声をかけたらいいのか困った」とおっしゃってました。
確かに、実践者にとっても研究者にとっても、あいだの企画。笑
「間人(あいだじん。まるの造語)」はどこの世界でも大変です。

鯨岡峻先生の、久しぶりの講座で、わくわく…。
小林隆児先生、竹田青嗣先生のお顔をみるのも初めてで、わくわく…。

期待していた通り(それ以上!)に、おもしろい5時間でした。

書き始めるときりがなく、うまくまとめられる気もしないので、かなりおおざっぱですが、内容はこんな感じでした。
・心理療法の勘所
・人と人の「接面」で起こっていることに迫るための枠組み
・行動科学にとって、接面パラダイムにとっての「明証的」であることの意味
・人間科学における臨床研究の原理
・事実学と本質学
・普遍性を求める理由、普遍的であることの意味 などなど…。


一人1時間ずつの講演に加え、討論と質疑応答にたっぷり2時間もとられていたのも印象的でした。
やっぱり、深めていこうとするとある程度のまとまった時間って必要ですよね。
頭も体も疲れたけど、どーんと太っ腹(?)なこのプログラムの作りにはとっても感謝しています。

またこういう企画、ないかなー。
できれば関西で…


(赤字をクリックするととんでいけます

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ころまる

Author:ころまる
たのしい音楽療法研究所のブログへようこそ!

左が「まる」、右が「ころ」です。

私たちは、京都・大阪近辺で、個人セッションによる音楽療法を中心に、さまざまな音楽活動を企画・実践しています。

自閉症、ダウン症、脳性まひなどの障がいをもつ方々と一緒に、たのしい音楽の時間を過ごす日々♪

詳しくは、たのしい音楽療法研究所のホームページをご覧ください。
(下の「リンク」からどうぞ!)

カテゴリ
最新記事
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。