スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都音楽療法研究会 例会

ころちゃんも、まるも、出席してきました。

京都音楽療法研究会の、3月の例会。
窓から満開の桜を眺めながらの、あたたかくまじめな3時間でした。

この日の話題提供は、きたさん
きたさんは、現在、人間性心理学の大御所である村山正治先生のところで大学院生をしておられます。
というわけで、村山先生考案の「PCAGIP(ぴかじっぷ)法」というグループワーク(?)に取り組みました。

pikazippu.jpg


事例提供者を被告にしない、批判しない、という約束で、
事例にとっての何か新しい方向性やヒントが出てくることを期待しながら皆で発言していきました。

この方法のエッセンス、音楽療法学会の研究発表の場面でも取り入れてほしいな〜。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ころまる

Author:ころまる
たのしい音楽療法研究所のブログへようこそ!

左が「まる」、右が「ころ」です。

私たちは、京都・大阪近辺で、個人セッションによる音楽療法を中心に、さまざまな音楽活動を企画・実践しています。

自閉症、ダウン症、脳性まひなどの障がいをもつ方々と一緒に、たのしい音楽の時間を過ごす日々♪

詳しくは、たのしい音楽療法研究所のホームページをご覧ください。
(下の「リンク」からどうぞ!)

カテゴリ
最新記事
カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。