FC2ブログ

講師から一言(サマーセミナー2018②)

② 私の現在地 〜自分の臨床について考える〜

 この講座ではこれまで「セラピストのあり方」や、「セラピストのセルフケア」など、セラピスト自身について考えてきました。今回は、やはりセラピストである皆さん自身に目を向け、現在の臨床(音楽療法、音楽療法的活動 など)を自分はどのようなことを大切にして行っているんだろう、どのようなことに困っているんだろう、そもそもどのようなことをやっているんだろう…などを考えるワークショップにしたいと思います。
 人に語ったりしっかり聴いたり…とやりとりするなかで、それぞれの「私の現在地」を確認し直す機会になればと思っています。

講師:北田朋子
 臨床心理士・音楽療法家。東亜大学大学院博士後期課程(臨床心理専攻)満期退学。 追手門学院大学文学部心理学科卒業。京都音楽院音楽療法専修科修了。元(株)JEUGIA 京都音楽院副院長。 「長崎おぢか国際音楽祭」音楽療法講座講師。現在、福岡市ひきこもり地域支援センター「ワンド」臨床心理士。その他、老人保健施設やクリニックに勤務している。京都音楽療法研究会立ち上げ人。

コメントの投稿

Secre

プロフィール

ころまる

Author:ころまる
たのしい音楽療法研究所のブログへようこそ!

左が「まる」、右が「ころ」です。

私たちは、京都・大阪近辺で、個人セッションによる音楽療法を中心に、さまざまな音楽活動を企画・実践しています。

自閉症、ダウン症、脳性まひなどの障がいをもつ方々と一緒に、たのしい音楽の時間を過ごす日々♪

詳しくは、たのしい音楽療法研究所のホームページをご覧ください。
(下の「リンク」からどうぞ!)

カテゴリ
最新記事
カウンター
リンク